ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

競輪用語集

競輪用語集 競輪用語集

文字サイズ

  • 高松宮記念杯競輪
    たかまつのみやきねんはいけいりん

    高松宮記念杯競輪(タカマツノミヤキネンハイケイリン)

    GI競走のひとつ。東西対抗形式が特徴。かつてこの大会が開催されていた大津びわこ競輪場を開設する際に、その地が近江神宮の外苑であったことから、近江神宮に縁のある高松宮宣仁親王に競輪場の開設を請願し承諾を得たことによりこの名前が付けられた。ファンや選手の間では親しみを込めて「宮杯(みやはい)」と呼ぶことが多い。例年、5月末〜6月初めという梅雨の時期に開催されることから「雨の宮杯」と呼ばれることもある。大津びわこ競輪場の廃止に伴い、2011年(平成23年)より持ち回りとなった。競輪の競走格付けにはグレード制が採用されており、一番上位のグレードは、S級S班9名の選手が競輪界最高額の賞金をかけて戦う「GP」。「KEIRINグランプリ」とも呼ばれる。それ以降は、S級のトップ選手が出場する「GⅠ」、S級の選手がGIの出場権をかけて戦う「GⅡ」、「GⅢ」「FⅠ」「FⅡ」と続く。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の競輪場を検索できます。

ホームメイト・リサーチ イメージキャラクター

ページ
トップへ
PAGE TOP