ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

競輪用語集

競輪用語集 競輪用語集

文字サイズ

  • カント
    かんと

    カント(カント)

    バンク(競輪コース)に付けられた傾斜のこと。競輪はトラックを周回して勝負を決める競技だが、スローペースの周回時でも時速40km以上のスピードが出ており、コーナーを走行するときは選手に遠心力がかかる。そこで、遠心力がかかってもスムーズにコーナリングできるようバンクに傾斜を付けている。一般的には時速60km程度での走行時を想定し、ハンドル操作や重心移動をせずにコーナリングできるよう設計されており、直線部には2〜4度、コーナーには25〜35度の傾斜が付けられている。つまりコーナーではカントがきつく直線ではカントがゆるいため、 アウトコースを走行する選手は、コーナーから直線に入るときは下り坂、直線からコーナーに入るときは上り坂となる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の競輪場を検索できます。

ホームメイト・リサーチ イメージキャラクター

ページ
トップへ
PAGE TOP