ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競輪場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競輪場情報

競輪をテーマにした漫画



競輪をテーマに描かれた漫画をご存知でしょうか。ここでは、競輪をテーマにした漫画を紹介します。

競輪をテーマにした代表的な漫画

 競輪をテーマにした代表的な漫画

代表的な競輪をテーマにした漫画と、その漫画の作者を紹介します。

『ギャンブルレーサー』田中誠

『ギャンブルレーサー』田中誠

競輪好きな人の間では、知らない人はいないと言われる程の漫画です。競輪選手として一流の腕はあるのに、ギャンブル漬けの毎日を送る主人公と、彼を取り巻く人間模様が競輪を通して描かれています。作中に実在の競輪選手が実名で登場したり、実際にあった出来事が書かれたりすることで、人気が出ました。実際の競輪のレースがリアルに描かれており、競輪の教科書的な側面も持ち合わせている漫画です。続編では息子が主人公になっています。

『Odds‐オッズ‐』石渡治

『Odds‐オッズ‐』石渡治

ロードレース高校生2位の実力を持つ主人公が、突然の事故で母と妹を失い、植物状態の父と多額の借金を抱えながら、お金のために競輪の世界に飛び込みます。いつかロードレース最高峰のツール・ド・フランスで活躍することを夢見ながら、競輪の世界で成長していく姿が描かれています。続編にあたる『Odds GP!』もあります。京王閣競輪のポスターにも採用されました。

『打鐘(ジャン)』山本康人

『打鐘(ジャン)』山本康人

S級レーサーの主人公が、火の玉先行という必殺技を武器にライバルと争いながら、競輪界で最高の栄誉とされるグランドスラム達成を目指していく漫画です。実際に活躍した選手をモデルにして、選手の名前をもじったキャラクラーを登場させたことで話題を呼びました。映画化されたことでも有名です。

『輪道‐RINDO』井ノ内貴之

『輪道‐RINDO』井ノ内貴之

競輪選手である3人の兄を持ち、幼いころから自転車大好きな主人公が、高校生になってからいろいろな経緯をたどり、競輪学校に入学します。2004年に競輪広報大賞優秀賞を受賞した作品ですが、その後、主人公の競輪学校卒業を待たずに打ち切りになってしまった漫画です。

『ケイリン野郎』くさか里樹

『ケイリン野郎』くさか里樹

競輪漫画では珍しい、女性向けコミックです。競輪選手を夫に持つ妻の視点から描かれているため、競輪の話よりもむしろ競輪選手とその家族の絆が中心になっています。高知競輪のポスターに採用されました。

競輪をテーマにした漫画の内容

競輪をテーマにした漫画の内容

競輪を舞台に描かれている漫画には、おもに主人公が競輪を始めるきっかけから始まり、競輪を通してライバルと切磋琢磨する姿や一人の人間として成長していく姿が盛り込まれています。また、作中で主人公が超人的な力を持っている、必殺技のようなものを使って勝負に勝つ展開の漫画もあり、スポーツ漫画に通じる特徴があります。しかし競輪と言う世界のため、スポーツ漫画のような爽やかさや青春よりも、主人公を中心とした人間関係や、社会的背景にフォーカスを宛てて描写していることが特徴です。

競輪がテーマの漫画のおもしろさ

競輪がテーマの漫画のおもしろさ

競輪漫画のおもしろさは、普段あまり知ることのない競輪の世界に触れられることにあります。実在の競輪選手をモデルにしたキャラクターが描かれている漫画もあります。また、競輪場内部のリアルな描写、レースにおける選手の駆け引きなどもあり、競輪漫画を読むことで競輪の知識を自然と身に付けることができることも、面白さのひとつです。実際に競輪を観戦する際に、漫画と比較するといった楽しみ方もできます。