ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競輪場リサーチ

競輪場情報

競輪場の紹介(24)広島競輪場



広島県広島市にある広島競輪場では、広島市が主催する競輪を観覧することができます。

広島競輪場はこんなところ

広島競輪場はこんなところ

広島競輪場が開設されたのは1952年で、「ひろしまピースカップ」や、地元広島の選手であった古田泰久の功績を讃えて「古田泰久記念杯」が開催されています。また、1994年には、アジア競技大会の自転車トラックレースの競技会場となりました。2012年には、西日本で初のガールズケイリンも開催されています。バンクは400mあり、直線が長いことが特徴です。

広島競輪場の施設

広島競輪場の施設

広島競輪場には西スタンド、東スタンド、メインスタンドがあり、メインスタンドには700円で利用できる第一特別観覧席もあります。東側広場前にある「にぎわい空間」にはウッドデッキやパラソルがあり、開放的な空間となっています。また、多目的スペースとして屋内の休憩所があり、無料で利用できます。多目的スペース内には地元の競輪選手として名を馳せた古田泰久の写真展も設置しています。

施設内のグルメ

「にぎわい空間」には「りんりんハウス」という売店があり、開放的な空間で飲食ができます。他にもサービスセンター食堂、東食堂、東喫茶があります。サービスセンター食堂は車券売り場から近いことが特徴です。牛丼や煮さばが人気を集めています。東食堂では、おでんや天ぷらを100円で買える他、人気のキムチラーメン、日替わり定食があります。東喫茶では飲み物を中心に、軽食やラーメン定食を提供しています。

広島競輪場で実施されているイベント

広島競輪場で実施されているイベント

広島競輪場では大会開催時に、特徴的なファンサービスを行なっています。女性や子どもを対象とした「縁日コーナー」を設置する他、広島の名物のもみじまんじゅうやお好み焼きセット等を抽選や先着でプレゼントする企画もあります。また、初心者の方へ向けたサービスとして、女性スタッフが競輪について説明を行なう「ビギナーステーション」も用意されています。

広島競輪場へのアクセス方法

広島競輪場へのアクセス方法

広島競輪場へは、広島駅前から無料の送迎バスがあります。9時半から14時まで30分間隔で運行しています。広島駅からは他に、市内電車で海岸通駅から徒歩5分でアクセスが可能です。また、広島競輪場には1,297台駐車可能な無料駐車場がありますので、車でのアクセスも可能です。