ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競輪場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競輪場情報

競輪場の紹介(5)前橋競輪場



前橋競輪場は、群馬県前橋市にある競輪場で前橋市が主催しています。競技実施は、日本自転車競技会東日本地区本部関東競技部で行なわれています。

施設の概要と特徴

施設の概要と特徴

前橋競輪場は、1950年4月22日に前橋公園内に開設された競輪場です。

施設の概要

施設の概要

開設当初は、前橋公園内の屋外バンクを使用していましたが、1990年に世界選手権自転車競技大会のメイン会場として「グリーンドーム前橋」が建設されました。大会終了後に屋外バンクより引越しをし、日本初の全天候型屋内バンクとして生まれ変わりました。それまで使っていた旧前橋競輪場は、練習トラック兼駐車場として、その後もしばらく利用されていましたが、2006年に公園造成のために解体され、現在はありません。

バンクの特徴

バンクの特徴

前橋競輪場のバンクは、国内でも前橋競輪場のみの一周335mという長さになっています。コース長が短く、また日本一急なカント(36度)を有しており、他の競輪場と比較すると非常に迫力、スピード感のあるレースを観られると定評があります。屋内バンクのため、風の影響がなく追い風によるスピードアップや風に支えられることもないため、常に同じコンディションでレースが行なわれます。選手の実力が見られるバンクとも言えます。

イメージキャラクター「チャメット」

イメージキャラクター「チャメット」

イメージキャラクターの「チャメット」は、ヘルメットをモチーフにしています。「チャメット」の名前は、「ヘルメット」、「チャリンコ」、「おちゃめ」の3つの言葉を合わせて付けられました。前橋競輪場では、このチャメットにちなんだチャメットカップも開催されています。

記念競輪や特別競輪

記念競輪や特別競輪

「寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」が創設された1992年より、寛仁親王牌のメイン開催地になっていましたが、2010年に開催されたあとは行なわれていません。2011年には、高松宮記念杯競輪が開催され、2012年には前橋競輪場では36年ぶり、3度目となるオールスター競輪が開催されたことにより、G1の3大会が3年連続で開催されることとなりました。また特別競走が行なわれない年度には、記念競走である三山王冠争奪戦(G3)が開催されることが通例となっています。

場外車券売場

場外車券売場

前橋競輪場の場外車券は、ウインドーム館林(群馬県館林市)、利根西前売サービスセンター(群馬県前橋市)などで販売されています。

交通アクセス

交通アクセス

前橋競輪場へは、JR高崎駅新前橋駅前橋駅から無料送迎バスが運行されています。また、無料駐車場を完備しています。