ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競輪場リサーチ

競輪場情報

競輪用自転車の部品



競輪で用いられる競技用自転車は、公道用の一般自転車とは目的が異なるため、全く違う部品を用いて作られています。また、公益財団法人JKA(旧日本自転車振興会NJS)の定める基準を満たし、認定を受けた部品を用い、組み立て後に車体検査を受ける必要があり、この検査に合格しなければレースに使用することができません。

ここでは、競輪用自転車の部品について、紹介します。

競輪用自転車の部品の特徴

競輪用自転車の部品の特徴

競輪用自転車に使われている部品や、車体の構造の特殊性について、代表的なものを紹介します。

サドル・フレームの特徴

サドル・フレームの特徴

競輪で利用する「トラックレーサー」のフレームは、クロムモリブデン鋼などの鋼材を用います。軽量化という意味では、カーボンフレームのほうが優れていますが、耐久性や剛性の面から鋼材のフレームが利用されています。また、フレームは使用者の体格に合わせてすべてオーダーメイドで作られることになります。サドルは競輪の競技時間が短く、非常に高速で走行することから、一般の自転車よりも細くて堅い物が使われます。サドルを支える心棒(タテパイプ)の角度や、チェーンの長さなどは、その使用者が「先行」を得意とする選手なのか、または「捲り」を得意とする選手なのかによって、心棒を立たせるか寝かせるかなどの違いが出てきます。

ギアの特徴

ギアの特徴

「トラックレーサー」は、一般自転車のように下り坂でタイヤが回転しているときにギアが空転する構造ではなく、タイヤが回転していれば必ずペダルも回転する「固定ギア」が用いられています。そのため、ギアの構造が一般自転車とは大きく異なります。

また、ギア倍数というものがあり、これは「ペダル側のギア」と「後輪側のギア(小ギア)」の歯車の数の比率を言います。競輪では、このギア倍数をレース前までに申告するルールがあります。

車輪の特徴

車輪の特徴

車輪についても、厳密に仕様が決められています。車輪は直径27インチと固定されており、外径675ミリのチューブ一体型(チューブラー)のタイヤが使われます。タイヤ幅は、コースのコンディションや選手の脚質による選択肢はないため、すべての競輪選手が同じ仕様の車輪を利用しています。

ハンドルの特徴

ハンドルの特徴

ハンドルの幅や材質、フレームとハンドルの固定位置は、使用者の体格や脚質によって変えられます。固定位置については、身長の高い、腕の長い選手程長くする傾向にあります。ハンドルの形状はロードバイクなどでも使われているドロップ型のものですが、長距離走行を意識する必要がないため、ロードバイクのように持ちかえを考慮した水平部分はなく、なめらかな曲線のみで構成されており、その最下部を握って走行します。