ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競輪場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競輪場情報

競輪レースの投票券のひとつ
「チャリロト」とは



競輪レースの投票券のひとつである「チャリロト」は、「重勝式投票券」として販売されています。「重勝式投票券」とは、競輪レースの1着を、複数のレース分まとめて予想する投票券のことです。「チャリロト」の販売、及びサービスの提供は「株式会社チャリロト」が行なっています。

ここでは、「チャリロト」について、紹介します。

チャリロトの発売の歴史

チャリロトの発売の歴史

「チャリロト」は、2008年の平塚競輪場でのレースから発売が開始され、インターネットを利用した初の試みとして注目を集めました。「チャリロト」は、宝くじ的要素が強い投票券で、コンピューターが自動的に抽出するクイックピック方式によって購入します。一口200円という販売価格です。

「チャリロト」の発売を開始した直後の2008年6月5日には、高額配当となる7,969万8千6百円を記録しました。この金額は、当時の公営競技において最高金額でした。その後、次々と「チャリロト」を導入する競輪場が増えていき、2008年10月には伊東温泉競輪場、2008年11月には小倉競輪場が発売を開始しました。

チャリロト・リターン

2008年12月には、新しく「チャリロト・リターン」の発売も行なわれました。「チャリロト・リターン」は、2010年に発売が休止されることになりましたが、代わりの投票券として「チャリロト5」と「チャリロト3」が発売され、次々と「チャリロト」の発売を開始する競輪場は増え続けています。2012年には、「DMM.com」での「チャリロト」の発売が開始され、インターネットでの発売はますます拡大しています。なお、「チャリロト」は、インターネットを使って会員登録をすることが、購入の必須条件となっています。

チャリロトの種類

チャリロトの種類

「チャリロト」には、4種類の投票方法があります。各投票方法について、説明します。

チャリロト

一日に開催されるレースにおいて、連続する後半7レースの1着を狙う「7重勝単勝式」の投票方法です。7レースの1着、つまり7桁のくじ番号が、コンピューターによってランダムに発行されます。着順を予測する必要が無いので、競輪が初めての方でも楽しむことができます。一口200円から購入することができます。投票回数には制限があり、すべての競輪場で一日合わせて10回までと決められています。「チャリロト」にはキャリーオーバーもあり、最高配当金の上限は12億円となっています。

チャリロトセレクト

一日に開催されるレースにおいて、連続する後半7レースの1着を狙う「7重勝単勝式」の投票方法です。「チャリロト」と異なり、自分で好きな番号を指定できます。一口100円で購入することができ、最高配当金の上限は6億円となっています。

チャリロト5

一日に開催されるレースにおいて、連続する最後の5レースの1着を狙う「5重勝単勝式」の投票方法です。一口100円から購入することができます。

チャリロト3

一日に開催されるレースにおいて、連続する最後の3レースの1着を狙う「3重勝単勝式」の投票方法です。一口100円から購入することができます。