ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競輪場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競輪場情報

競輪レースを行なう滑走路(バンク)について



コンクリート、またはアスファルトによって舗装された競輪レース専用の滑走路のことを「バンク」と言います。

ここでは、「バンク」について、紹介します。

バンクの形状

バンクの形状

「バンク」は独特の形状をしており、すり鉢状になっています。「バンク」の傾斜のことを「カント」と言い、「カント」の角度は競輪場によってそれぞれ異なります。コーナー部分の「カント」は30度に規定されており、直線部分も2~4度、内側に傾いています。コーナー部分は、走行速度を時速60kmと想定し、「カント」を設定しています。そのため、時速60km以上のスピードで走行すると外側によれ、遅いと内側によれてしまいます。理想的な走行は、「バンク」に対して垂直に走行することです。

バンクの長さ

バンクの長さ

「バンク」の1周の長さは、競輪場によって違いがあります。一般的に1周400mが主流で、「400バンク」と呼ばれています。「400バンク」には、楕円形の形状と円形の形状のものがあり、円形は、直線部分が短くなります。他には、1周333mの「333バンク」があり、スパートのタイミングが早くなることから、「ルーレットのような競輪場」と呼ばれています。また、1周5 00mの「500バンク」は、その距離の長さから選手のスタミナが勝敗の鍵となります。

なお、競輪レースの走行距離は1,500~3,000mで、一般的な走行距離は2,000mとなっています。

バンクに引かれたライン

バンクに引かれたライン

「バンク」には、様々なラインが引かれています。

ストレッチライン

スタートとゴールを示すラインを「ホームストレッチライン」と呼び、その反対側のラインを「バックストレッチライン」と呼びます。また、残り半周のバックストレッチを「最終バック」と呼びます。

25mライン、30mライン

スタート位置から25mの位置に引かれている「25mライン」は、再スタート(落車やスタート不揃いなど)を判定する際に、基準となるラインです。また、ゴールの手前30mの位置には「30mライン」があり、これは最終周回にこのラインを越えて落車した場合、自転車を押していてもゴールに到達すれば、完走したと判断されるラインです。

その他のライン

その他の「ライン」として、走行部分を示す内圏(ないけん)線や外帯(がいたい)線があります。また、イエローラインは、牽制行為を防ぐために2003年から追加されたラインです。その名の通り、黄色いラインで、内圏線の3m外側に引かれています。先頭を走る選手は、イエローラインを超えて走行することは禁止されています。