ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競輪場リサーチ

競輪場情報

競輪の主な戦法
(先行・追込・捲り・ライン)



競輪レースには、様々な戦法があります。ときには、他の選手と連携しながら有利にレースを展開することもあるのです。競輪では、それぞれの選手の脚質を活かした戦法を、上手く使うことが勝敗を左右するのです。

ここでは、競輪の主な戦法について、紹介します。

先行

先行

競輪レースでは、残り1周半あたりまで1本のラインを組んで走行します。ラインの先頭を走る選手の走行戦法を「先行」と言います。

逃げ

「先行」の戦法の決まり手は「逃げ」です。「先行」する選手は、残り1周になると後続の選手を引っ張ってダッシュをかけます。そのとき、すでに先頭誘導員はバンクからいなくなっているため、先頭を走行することとなり、風圧の影響を最も受けます。加えて、最後の1周は高速スピードの戦いとなるので、「先行」する選手には強い脚力が求められるのです。後続の選手を引っ張りながら走ることから「機関車」と呼ばれることもあります。直線で短いバンク、またはコーナーの大きなバンクにおいては、「先行」が有利です。

追込

追込

「先行」する選手のすぐ後ろを走る走行戦法を「追込」と言います。「追込」の理想系は、「先行」をギリギリまで残して風を防ぎ、最後の最後で追い抜く形です。短距離でトップスピードまで達し、そのスピードを維持できる選手に向いている戦法です。「追込」の選手は、「先行」する選手の後方を走る順番により、番手(ばんて)、3番手、4番手と呼ばれています。

「追込」の戦法の決まり手は「差」です。「先行」する選手を直線の手前で追い抜くことは邪道とされているため、「先行」する選手をいかに残すかが勝負の決め手であると当時に、競輪の見どころとなっています。

捲り

捲り

「先行」する選手のラインを一気に抜き去る走行戦法を「捲り(まくり)」と言います。他の選手を後ろから一気に抜き去る必要があるため、ずば抜けたダッシュ力を持った選手に向いています。ただし、「先行」する選手のラインを抜き去る際には、相手のブロックにあうこともあります。

ライン

ライン

「ライン」は、競輪レースを展開する上でもっとも重要な走行戦法です。別名を「スジ」とも呼びます。「ライン」がレースを左右し、その形成はレースに出場する選手の人間関係によって作られます。同じ練習場や所属する地域などの単位で形成される場合がほとんどです。「ライン」の並び方は「三分戦」が一般的で、1レースに3本の「ライン」を形成して走行します。「先行」する選手が2名だけのレースは「二分戦」となり、2本の「ライン」でレースが展開されます。「先行」する選手の数によって形成される「ライン」の数が変化するため、これ以外にも「四分戦」や「細分戦」などになる場合もあります。「ライン」の戦法については、レース前の選手紹介での意思表示があるので、観客はある程度、「ライン」の関係を予測することができます。