ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競輪場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競輪場情報

競輪選手の収入



プロスポーツ選手の中でも、競輪選手の収入は高額となっています。トップクラスの選手はもちろん、実力的に下位の選手でも、一般的なサラリーマンの年収を超えています。

ここでは、競輪選手の収入について、紹介します。

競輪選手の収入源

競輪選手の収入源

競輪選手の主な収入源は、レースで得た賞金と出走手当です。出走手当とは、成績にかかわらず、1回の競輪開催で3~4レースに出場するだけで支給される手当のことです。支給額は20万円前後で、年間出場回数に換算すると、30回で500~600万円になります。つまり、最低年収500万円が保証されていることになります。この金額に賞金を加算すると、かなりの高額収入を得ることができます。競輪選手の平均年収は、1,200万円前後です。トップクラスの選手になると、1億円以上の年収を稼いでいます。

ランクによって異なる年収額

ランクによって異なる年収額

競輪選手は、成績によって「S級」と「A級」の階級に区別されています。さらに班別に分けられ、それぞれのランクが決まります。トップクラスはS級S班、次いでS級1班から2班、A級1班から3班まで、全6段階となります。ランク別の年収には開きがあり、トップクラスのS級1班の平均年収は3,000万円前後、A級1班は1,100万円前後、最下位のA級3班で800万円前後です。このクラス分けは、半年ごとの成績に応じて決められます。中でもS級S班は、「KEIRINグランプリ」の出場資格を得た9名のみに認められる特別ランクで、平均年収は1億円前後となります。

競輪選手の獲得賞金

競輪選手の獲得賞金

競輪選手の獲得賞金額は、それぞれのレースによって異なります。賞金の最高額は、「KEIRINグランプリ」の優勝賞金1億円です。ちなみに、A級チャレンジ予選のレースの獲得賞金額は8万円前後と、賞金額は大会によって大きな格差があります。ただし、競輪は全レース、末着まで賞金が付きます。例え最下位であっても、賞金を獲得することができるのです。レース中に棄権したとしても、失格行為が無い限り末着賞金の8割が支給されます。つまり、レースに出場する限り、出走手当とは別に賞金を得ることができる仕組みになっています。賞金の額は、レースが開催される各競輪場の前年度の売上に左右されます。競輪場の前年度の平均売上高に応じて、賞金基準額が毎年決定され、1号から4号までに区分されます。近年、競輪競技の売上の減少に伴い、賞金基準額の低いレースが多くなっています。そのため、競輪選手の平均獲得賞金額も減少傾向にあります。2011年には、年間獲得賞金額1,000万円以上の競輪選手は782人となり、過去最低の人数を更新しました。ちなみに、最高人数は1998年の3,196人です。