ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競輪場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競輪場情報

自転車競技の種類「中距離・長距離」



自転車競技の中距離・長距離には、短距離とは違った面白味があります。

中距離・長距離とは、2名の選手が相手を追い抜くことを目標に走る競技です。

ここでは、中距離競技と長距離競技について、説明します。

インディヴィジュアル・パーシュート(個人追抜競走)

インディヴィジュアル・パーシュート(個人追抜競走)

個人戦の中距離競技・長距離競技を「インディヴィジュアル・パーシュート」と呼びます。2名の選手がトラックの両サイド(ホームストレッチ・センターラインとバックストレッチ・センターライン)からスタートし、相手を追い抜くことを目標に走ります。400mトラックで考えると、200m先にいる選手を追い抜く必要があるため、体力の温存やスパートのタイミングを考えて戦略を立てる必要があります。規定距離(男子4km、男子ジュニアと女子3km、女子ジュニア2km)内に追い付けない場合は、先に規定距離を走り切った(タイムの早かった)選手の勝ちとなります。

チーム・パーシュート(団体追抜競走)

チーム・パーシュート(団体追抜競走)

団体で行なう「インディヴィジュアル・パーシュート」を「チーム・パーシュート」と呼びます。男子は3名、または4名で1チーム、女子は3名で1チームとし、2チームがトラックの両サイドからスタートします。「チーム・パーシュート」では、競技途中で走行順を入れ替えることができます。走行順を入れ替えはカーブを利用して行なわれ、先頭の選手が車列から一度外れたあと、車列の最後尾に戻ります。空気抵抗を受けやすい先頭の選手を入れ替えながら、より早いタイムが出るように走行します。なお、規定距離内に追い付けない場合は、3番目を走行する選手が規定距離を走り切った時点のタイムで競います。

ポイントレース

ポイントレース

「ポイントレース」は、20名から30名の選手が同時に走行して、レース中に獲得したポイント数を競う競技です。レースは30kmや50kmという長距離で行なわれ、規定の距離(5周や10周など)ごとに、その時点での1位から4位までの選手にポイントが付きます。ポイント数は、1位:5ポイント、2位:3ポイント、3位:2ポイント、4位:1ポイントとなります。この他に、独走して他の選手を周回遅れにすると10ポイントや20ポイントという高いポイントが付きますが、この場合はポイントを得た選手は最後尾扱いとなり、もともと2位だった選手が1位となります。最終的に獲得したポイント数が多かった選手の勝ちとなり、ポイント数が同じだった場合は1位の数、2位の数、最後の着順、の順に判定されます。

マディソン

マディソン

「マディソン」は、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで人気だったことから、その名前が付きました。2名(または3名)を1チームとして行なうポイントレースで、基本的なルールは「ポイントレース」と同様ですが、チーム内でレースに参加しているのは常に1名のみで、他の選手は「ステーヤーライン」と呼ばれるラインの外側で待機走行します。各チーム、交代したいタイミングでタッチすることで、レースに参加する選手を入れ替えることができます。この際、レースに参加していた選手が、どれだけ自分の運動量(スピード)を交代する選手に伝えられるかが重要となります。そのため、「タッグ」と呼ばれる手を繋いで走行するシーンがよく見られます。