ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競輪場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競輪場情報

競輪用語集



競輪には様々な専門用語があります。競輪レースの戦法に関する用語や競輪場に関する用語を知っておくと、競輪レースをさらに楽しむことができます。

ここでは、よく使われる基本的な競輪用語について紹介します。

覚えておきたい競輪用語

覚えておきたい競輪用語

まずは、競輪で一般的に使われている用語を紹介します。

バンク
競輪レースが行なわれる滑走路のことで、楕円形の滑走路と円形の滑走路があります。バンクの長さは333m、335m、400m、500mの4種類です。バンクの形状はすり鉢状で、「カント」と呼ばれる傾斜があります。日本の多くの競輪場は、400mの長さを採用しています。
先頭誘導員
競輪レースにおいて、選手の先頭を走る誘導員を意味します。競輪レースは先頭固定競争を採用しており、競輪レースの残り1周半付近まで先頭誘導員が選手を誘導しながら走行します。先頭誘導員の着用するユニフォームは選手と区別するために、紺地に橙色のラインの入った独特なデザインとなっています。また、ヘルメットカバーには、トランシーバーのスピーカーが付いています。
ジャン
ジャンは通称で、正式名称は「打鐘(だしょう)」と言います。字の如く、鐘が鳴らされることです。この鐘は、競輪レースが終盤に差し掛かる1周半から残り1周までの間に鳴らされ、ジャンが鳴り響くと選手は本格的に始動し、ゴールに向かって全力で駆け抜けます。まさにレースが最高潮に達する瞬間です。
赤板
赤板は、選手にレースの残りが2周であることを知らせる周回板のことです。残り3周に掲げられる周回板は「青板」と言います。赤板が掲げられると、選手はレーススピードをさらに上げて走行します。
赤旗
レース中に「違反行為」の疑いがあった場合に、審査員が上げる旗のことです。対象の選手がゴールしたあとに上げられ、審議が行なわれます。この審議のことを赤旗審議と言い、審議の結果、違反がないと判断されると白い旗が上げられます。

競輪レースの戦法に関する基礎用語

競輪レースの戦法に関する基礎用語

次に、競輪の「レース戦法」に関する用語を紹介します。

ライン
レースの中で、関係の深い選手同士(同門、同郷、同地区など)が「チームとして」組んで走行する戦法です。2人から3人で一列に並んで走行し、先頭を走る選手を「先行」、後ろを走行する選手を「追込み」と呼びます。ラインは、競輪レースの基礎となる戦法で、ラインを読むことが競輪レースには重要となります。
Sを取る
スタートの号砲がなった直後に、先頭誘導員のすぐ後ろの位置に付けることを意味します。戦法上重要で、先行選手の力量が試されます。
捲り(まくり)
戦法の一種で、先行している選手を後方から追い抜く方法です。短い距離でのダッシュ力が求められます。
バックを踏む
走行スピードを落とすことを意味します。通常の自転車はブレーキを使ってスピードを落としますが、競輪レースの自転車にはブレーキがないため、ペダルを逆回転させることでスピードを落とします。