ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競輪場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競輪場情報

競輪にかかわる財団法人JKAについて



財団法人JKAは、競輪競技における様々な業務を行なうことを目的として設立された団体です。自転車競技法の規定に基づいて、競輪振興法人に指定されています。

ここでは、財団法人JKAについて紹介します。

財団法人JKA設立の経緯

財団法人JKAは2007年8月に創立され、設立当初は財団法人日本競輪財団という名称でした。同年の10月に、それまで競輪業務を行なっていた特殊法人自転車振興会から全業務を受け継ぎ、監督官庁を経済産業省として、財団法人日本自転車振興会に改称しました。2008年には、オートレースを統括していた日本小型自動車振興会の業務も受け継ぐこととなり、名称を財団法人JKAに改称しました。そしてさらに2013年4月に公益法人改革の一環として、「公益財団法人JKA」に改称しています。

この統合の背景には、日本における公営競技の売上不振と、特殊法人改革の方針があり、特殊法人の自転車振興会と日本小型自動車振興会の統合で、運営の効率化を図っています。

財団法人JKAの事業内容について

公益財団法人JKAは、競輪競技に関するすべての業務を国から委託されて行なっています。経済産業省は、公益財団法人JKAを経由して選手の管理や斡旋、競輪施行者への監督や指導を行ないます。

公益財団法人JKAを補助する団体に、日本自転車競技会や日本競輪選手会、全国競輪施行者協議会があります。公益財団法人JKAの主な事業内容は、選手や審判員の管理、レースに使用する自転車の登録、検査員の認定、競輪競技の実施方法の制定などがあります。選手に関しては、育成から訓練、レースへの斡旋も行ないます。競輪競技の振興を拡大するための広報活動や企画、調査も行なっています。また、競輪だけでなく、オートレースに関する事業も幅広く展開しています。

公益財団法人JKAは、様々な活動を通じて、競輪とオートレースの中央団体としての役割を果たしています。

JKAを中心とした競輪の運営状況

公益財団法人JKAは、競輪の運営で中心的な存在を担っています。選手の登録や斡旋、育成や訓練は日本競輪選手会が補助し、競輪の実施方法の制定や審判員の登録、認定などは日本自転車競技会が補助しています。

競輪の売上の一部である交付金は、競輪施行者から公益財団法人JKAに公布され、そこから補助事業者に対して補助金を交付します。

このように、競輪事業はJKAを中心として運営されており、その収益は自転車、及び小型自動車などの機械工業の振興や、体育事業などの公益事業の増進補助に使われています。