ご希望の競輪場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競輪場リサーチ

競輪場情報

競輪のビジネスモデル



競輪競技は、日本発祥の公営競技です。開催された当初は、爆発的な人気を博し、売り上げも予想を上回る結果を残していました。しかし、近年は売り上げが下降し、2010年には6,500億円を割り込む状況となっています。そのため、競輪競技の新たなビジネスモデルが求められ、様々な施策が取られています。

ここでは、競輪のビジネスモデルについて紹介します。

競輪開催の問題点

競輪開催の問題点

競輪競技は1948年から開催され、当初は爆発的な人気を集めました。しかし、その後の暴動事件やマスコミの批判などを受け、やむを得ず閉鎖した競輪場もあります。競輪の売り上げ低下は、同じ公営競技である競艇の売り上げが伸びたことも影響しています。2009年度には、競艇が競輪の総売り上げを超える勢いを見せました。この差が生まれた理由として、運営への取り組み方の違いがあります。競艇が早期から施設の改善や投票券販売の機械化に取り組んだのに対し、競輪は施設の改善や投票券の販売方法の変更が遅れたことから、競艇と差をつけられたのです。

新たなビジネスモデルへの取り組み

新たなビジネスモデルへの取り組み

競輪競技の衰退に歯止めをかけるために、投票券の販売方法の多様化や地域との連携など、新たなビジネスモデルへの取り組みが始まっています。

投票券の販売方法の多様化のひとつとして、インターネットを活用した投票券の販売が開始されました。これにより、競輪場に行かなくても投票券を購入でき、インターネットに馴染んだ若年層を取り込むことに成功しています。重勝式を採用した投票券も採用されました。これは宝くじの要素を持ち合わせており、高額配当が期待されることから競輪ファンの支持を集めています。

また、競輪をよく知らない初心者を取り込む施策として、自動で番号が発行され当選時の配当金も大きい「チャリロト」の仕組みも作られ、世間の注目を集めています。

さらに、競輪の新たな価値を作り出す施策として、地域社会との連携を強めています。競輪場を一般開放するイベントを行ない、競輪競技の体験や、選手との交流を深め、競輪を学べる場所を提供しています。また、競輪場を地域の交流の場や、イベントの会場として活用するなど、競技以外での利用も強化されてきています。

これまでの競輪競技の「ギャンブルとして競輪ファンのみが楽しむ場所」としてのイメージを覆し、競輪を身近に感じてもらえるように、ビジネスモデルの模索が続いています。